作家


中島梓さんが亡くなったのは本当にショックでした。

それほどの付き合いもなかったけれど、昔は時々お酒を飲んだり、朝日新聞の書評委員を一緒にしました。

私がデビューした25年前は、同世代の作家といえば中島さん中沢けいさんだけ。
中島さんはそれはそれは華やかでキラキラ輝いていて、まだエッセイストともコピーライターともつかない存在の私は、すっかり気後れしてしまったものです。

お気楽そうに見えても女に限らず作家は精神的にも肉体的にも凄い負担を背負い込むもの。
中島さんも小説を書かなかったらもっと長生きしたかもしれないと思うとせつなく悲しい気分になります。
山梨に帰る途中は例によってシウマイ弁当。

d0339881_10552217.jpg


それから桐野夏生さんの新刊を旅の友に。この本も女性作家の業が描かれています。

d0339881_10552310.jpg


<< 新橋演舞場へ イタリアン >>

新作情報

新作情報をもっと見る

林真理子のあれもこれも日記の携帯

携帯にメールを送る

林真理子のあれもこれも日記リンクバナー

林真理子ファンクラブサイト、メンバー募集中!

サークルに参加する
林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子