名作家たちとの豪華な夢の競演

作品名発行年月日発行元判型価格(税抜)
誰も教えてくれなかった「源氏物語」本当の面白さ2008.10.01小学館新書¥700
第29回サントリー学芸賞を受賞された気鋭の平安文学研究者の山本淳子先生との対談集。平安時代の恋のお話、華麗なる登場人物、小説としての魅力など目から鱗の話が満載で、「源氏物語」の入門書として楽しめる一冊。これを読んでからマリコさんの『六条御息所 源氏がたり』を読めば話の面白さが一層増します。
 
超恋愛2009.09.10マガジンハウス文庫¥476
2007.12.14マガジンハウス単行本¥1,048
現代の“恋愛事情”についてスピリチュアルカウンセラー江原啓之さんとのスペシャルな完全オリジナル対談。目指すは“恋の成功者”。男性への素朴な疑問から、恋の成功法則の解説など、読めば恋愛を成功に導くだけでなく人間力をアップさせるという効果もあるようです。
 
P.S.アイラヴユー2008.08.11小学館文庫¥800
2004.07.20小学館単行本(注1)
全世界で500万部以上売れたセシリア・アハーン原作のベストセラーをマリコ流に翻訳。ヒラリー・スワンク主演で映画化もされ話題になったこの『P.S.アイラヴユー』は、亡き夫から妻に毎月10通の手紙が届くという、涙なくしては読めない愛の再生物語。原作より、ドラマチックに仕上がっていると評判になりました。
 
東京小説2003.04.25角川書店文庫(注2)
2000.04.26紀伊國屋書店単行本(注1)
日仏で同時刊行された『街の小説』の日本語版。椎名誠さん、藤野千夜さん、村松友視さん、盛田隆二さんが、銀座、青山、下高井戸、深川、新宿…街に秘められた物語を鮮やかに描いています。田中麗奈さん主演、市川準さん脚本・監督の映画「東京マリーゴールド」の原作になった「一年ののち」がマリコさんの作品です。
 
マーガレット ラブ・ストーリー1996.05.20講談社文庫¥1,000
1996.05.20講談社単行本¥2,718
ピューリッツアー賞を受けた世界的大ベストセラーで、真理子さんも大好きな『風と共に去りぬ』を生んだマーガレット・ミッチェルの伝記物語を翻訳しています。ドラマティックに生きたいという人生テーマの原点になっているそうです。夫のジョン・マーシュとの愛の軌跡を未発表の私信184通と新事実を基にしたマリアン・ウォーカーの著作です。
 
虹のナターシャ 上2002.11.00講談社文庫¥680
虹のナターシャ 下2002.11.00講談社文庫¥680
虹のナターシャ 11995.06.00講談社単行本¥397
虹のナターシャ 21995.10.00講談社単行本¥397
虹のナターシャ 31996.04.00講談社単行本¥388
虹のナターシャ 41996.08.00講談社単行本¥388
虹のナターシャ 51997.01.00講談社単行本¥388
宝塚歌劇団雪組によって1996年に舞台化された超大作。激動の昭和初期、歌に生き、恋に生きた日露混血の少女ナターシャの数奇な運命と愛の物語はマリコさん原作、大和和紀さん作画のコミックです。歌手への夢を胸に孤独と闘い生きるナターシャの“波乱万丈”な人生は、ドラマティックで読みごたえ抜群です。
 
贅沢な恋人たち1994.04.25幻冬舎単行本¥1,359
8つのホテルを舞台にした、8組の恋人たちの濃密なラブストーリー。マリコさんは「眺望の密室」と題して都ホテル東京を舞台にした短編を書いています。ほかに北方謙三さん、藤堂志津子さん、村上龍さん、森瑶子さん、山川健一さん、村松友視さんが作品を寄せています。
 
贅沢な失恋1996.12.25角川書店文庫(注2)
1993.04.30角川書店単行本(注1)
8つのレストランを舞台にした、8つの別れのストーリー。マリコさんは「四歳の雌牛」という短編を書いています。マリコ通なら舞台がわかりますね。ほかに北方謙三さん、藤堂志津子さん、村上龍さん、森瑶子さん、山川健一さん、村松友視さんが(単行本のみ山田詠美さんも)作品を寄せています。
 
贅沢な恋愛1992.10.10角川書店文庫(注2)
1990.09.06角川書店単行本(注1)
8つの宝石をめぐって、8つのラブストーリーが収められています。マリコさんは「真珠の理由」という短編を書いています。ほかに北方謙三さん、藤堂志津子さん、村上龍さん、森瑶子さん、山川健一さん、村松友視さん、山田詠美さんが作品を寄せています。
 
ドレスがいっぱい(児童よみもの名作シリーズ)改訂版2004.12.10小学館単行本(注1)
ドレスがいっぱい(創作童話)1992.08.10小学館単行本(注1)
描いた絵が飛び出してくる不思議なスケッチブックを手にしたマナちゃんが、とんでもない事件に巻き込まれますが、不思議なスケッチブックを使って大活躍。人気イラストレーターの上田三根子さんがイラストを担当しています。スピーディーなストーリー展開の大人も楽しめる絵本です。親子でマリコワールドを堪能できます。
 
LOVING EACH OTHER1986.04.15講談社単行本(注1)
アメリカでベストセラーとなったレオ・ブスカリアの名著を“検屍官”シリーズの翻訳を手掛けている相原真理子さんと一緒にマリコさんが翻訳しました。「愛」こそが世界の共通語で、愛することによって人格が高まっていく。本物の愛を得るには、人格を高めなければならないと説いています。
※発行年月日のうち、日にちが不明なものは「00」としています。
(注1)2014.4.1現在発売されていません
(注2)品切れ 重版未定
<< 恋も仕事も結婚も美しさも手に入... 対談集 >>

新作情報

新作情報をもっと見る

林真理子のあれもこれも日記の携帯

携帯にメールを送る

林真理子のあれもこれも日記リンクバナー

林真理子ファンクラブサイト、メンバー募集中!

サークルに参加する
林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子