おいしそうな料理がでてくる本


作品名発行年月日発行元判型価格(税抜)
マリコ・レシピ2008.12.18マガジンハウス単行本¥1,400
美食家マリコさんが舌の記憶と腕の記憶(ル・コルドンブルー日本校で培いました)をフル動員して考えた36のレシピが収録されています。本上まなみさんとの対談やワイナリーツアーも載っています。レシピ本としては小ぶりなサイズなので、キッチンでは勿論、移動中にも読めてしまいます。
 
もっと塩味を!2011.09.25中央公論新社文庫¥533
2008.08.25中央公論新社単行本¥1,400
天性の味覚を持つ女性が、妻として母としての平穏な暮らしを捨て、フランス料理の世界に身を投じ、全力で駆け抜けた苦難と冒険の日々を描いています。男の料理に人生を賭け、夢に生き愛憎の果てに散った短くも激しい生涯を描く長編小説です。小説に登場する一つ星レストランにちなんでミシュランを思わせる赤い表紙が印象的です。
 
聖家族のランチ2005.11.25角川書店文庫¥552
2002.11.05角川書店単行本(注2)
美人で有名な料理研究家のユリ子が主人公なので美味しそうな料理がいくつもでてきます。ユリ子、夫、娘、息子、それぞれ秘密を抱えた家族の崩壊と再生の困難さを描いた衝撃のストーリー。家族・恋愛・不倫・宗教・ホラー・サスペンス…様々なテーマが見事に料理され、一つの作品に仕上がっています。物語の後半からの急展開に驚き、震えながら結末へと向かいます。
 
シェフのキッチンへようこそ!2002.02.00角川書店単行本(注1)
マリコさんが、「分とく山」の野崎洋光さんや「麻布長江」の長坂松夫さんなど5人のシェフに日本・中国・イタリア・フランス・朝鮮の料理を習う、お料理教室。『ミセス』に短期連載されたものに、新たなメニューとレシピを加えて再編集された家庭で役立つおもてなし料理が満載です。
 
東京デザート物語1999.02.19集英社文庫¥571
1996.02.28集英社単行本(注1)
恋はデザートのようなもの、なくても生きていけるけれど、なければやっぱりつまらない。大分から上京してきた朱子は、東京で憧れの女子大生生活を始めますが…。巻末に料理研究家・井上絵美さん監修のデザートレシピがカラー写真つきで載っています。『non-no』に連載されていた作品で、文庫版で広末涼子さんが解説をしています。
 
われらカレー党宣言1993.05.01世界文化社単行本(注1)
カレーにまつわる思い出や思い入れは人それぞれで……カレー好きな作家41人によるカレーに対するアンソロジー。一冊読み終える前にカレーが食べたくなります。マリコさんは、高校時代にS君、A君の家でご馳走になったカレーの話。カレーが縁でその後A君とどうなったかをぜひお読みください。
 
茉莉花茶を飲む間に1990.01.05角川書店文庫(注2)
1987.11.05小学館単行本¥942
南青山の紅茶専門店を舞台にして、人気のカタカナ職業を目指しながらも恋に憧れる6人の女の物語。80年代後半の女の子の人気職業であるナレーター、モデル、タイムキーパー、ニュースキャスター、スチュワーデス、ハウスマヌカンを目指す彼女たちの話は、今読んでも気持ちが前向きになり、疲れた心が癒され、元気が出ます。
 
美食倶楽部1989.07.10文藝春秋文庫¥438
1986.09.25文藝春秋単行本(注1)
「グルメ小説」と帯に記載されていますが、料理の描写が本当に美味しそうで、思わずヨダレがたらり。モデルクラブの女社長が24歳の大学生の恋人に美食の楽しみを教えていくのですが…。ほかに「幻の男」「東京の女性」が収められた中編集です。
 
食べるたびに、哀しくって…1987.01.09角川書店文庫(注2)
食べるたびに、哀しくって・・・小さい頃から今日までの真理子の食べ物グラフィティ1985.12.00角川書店新書(注1)
ミリン干しで育った少女時代から、フグを好きな時に好きなだけ食べられるようになるまでの食べ物グラフィティエッセイ。食べ物を知ることで、登場人物の人柄や人生がわかり、なかなか泣けてきます。NHK銀河テレビ小説枠で「しあわせ志願」として原田知世さん主演でドラマになりました。
※発行年月日のうち、日にちが不明なものは「00」としています。
(注1)2014.4.1現在発売されていません
(注2)品切れ 重版未定
<< 家族のことを考えたくなる本 着物の世界に浸る本 >>

新作情報

新作情報をもっと見る

林真理子のあれもこれも日記の携帯

携帯にメールを送る

林真理子のあれもこれも日記リンクバナー

林真理子ファンクラブサイト、メンバー募集中!

サークルに参加する
林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子