旅に出かけたくなる本

作品名発行年月日発行元判型価格(税抜)
パリよ、こんにちは2005.12.20角川書店単行本(注2)
Bonjour Paris!? 華の都、パリを舞台に6人の作家が6つの物語を紡いだアンソロジー。マリコさんは、パリの恋だからこそ諦めなければいけないとわかっていたはずなのにという、パリの日本料理店を舞台にしたせつない恋物語を寄せています。ほかに椎名誠さん、盛田隆二さん、松本侑子さん、狗飼恭子さん、唯川恵さんの作品が収められています。
 
林真理子のおしゃべりフライト1994.10.31プレジデント社単行本(注1)
JALの機内誌『ウインズ』に連載していた対談集。松岡修造さん、島田雅彦さん、佐藤しのぶさん、吉永小百合さん、二谷友里恵さん、柴門ふみさん……華やかなゲストと旅の話題を中心に対談しています。読めば機内にいるような? 錯覚をおこします。
 
バルセロナの休日1994.11.25角川書店文庫(注1)
1992.04.30角川書店単行本(注1)
パリでバレエ留学中の安奈はある日、窃盗事件に巻き込まれてしまいます。その時出会った黒い瞳の美しい男に会うためにバルセロナへと旅立ちます。カタロニアで恋と冒険が繰り広げられるラブサスペンスの物語です。
 
次に行く国、次にする恋1992.01.25角川書店文庫¥400
パリ、ロンドン、ニューヨーク、バンクーバー、ソウル……買い物目当ての旅行で弾みの恋、留学先での苦い失恋など7つの街を舞台にロマンチックでありながら危うい恋を描いたトラベル小説7編を収録。ほかに4編の恋愛小説も収めています。
 
旅は靴ずれ、夜は寝酒1989.01.30角川書店文庫(注2)
林真理子の旅の本1988.04.00主婦と生活社単行本(注1)
別冊『JUNON』として企画されたエッセイ+旅のガイドブック。国内から東南アジア、中近東、ヨーロッパ……マリコさんが行きたいところに旅行して書いた紀行文。読んでいるこちらが本当に旅に出かけたくなってしまいます。その土地土地のおいしいものもたくさん出てくるので思わずヨダレがたらり。写真もたくさん収められています。
 
どこかへ行きたい1988.03.25角川書店文庫(注2)
パリ、香港、カナダ、オーストラリアなど、世界各地を旅した旅行記と帰国後の身辺記です。おいしい食べ物、楽しいショッピングの話が満載です。
 
こんなパリ、見たことある?1988.02.08文化出版局単行本(注1)
『so-en』の特別編集長として滞在したマリコさんの2週間のパリのレポートです。パリコレ、オートクチュールの洋服のオーダー、クリスチャン・ヴァディム(カトリーヌ・ドヌーヴの息子)とのデートetc.キラキラ華やかな日々が綴られています。
※発行年月日のうち、日にちが不明なものは「00」としています。
(注1)2014.4.1現在発売されていません
(注2)品切れ 重版未定
<< 着物の世界に浸る本 自選の10冊 >>

新作情報

新作情報をもっと見る

林真理子のあれもこれも日記の携帯

携帯にメールを送る

林真理子のあれもこれも日記リンクバナー

林真理子ファンクラブサイト、メンバー募集中!

サークルに参加する
林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子