林真理子年譜◆51歳~55歳

2005(平成17)51歳2月『夜ふけのなわとび』(文藝春秋)発行。
  3月スピリチュアルツアーへ奈良へ行く。『美女に幸あり』(マガジンハウス)発行。
  4月『anego』がドラマ化。一大ブームに。
  7月愛猫ミズオが亡くなる。
  8月バリのThe Dusunにてバカンス。
『アッコちゃんの時代』(新潮社)発行。
  10月テレビ朝日「徹子の部屋」にゲスト出演。
『林真理子の名作読本』(文藝春秋)発行。
  12月『パリよ、こんにちは』(角川書店)発行。
吉川英治文学賞選考委員に就任。
2006(平成18)52歳1月新年開運スピリチュアルツアーへ箱根へ行く。
出演した奥田瑛二監督「るにん」公開。銀幕デビュー。
『ウーマンズ・アイランド』(マガジンハウス)発行。
『ウーマンズ・アイランド』がドラマ化。
  3月『オーラの条件』(文藝春秋)発行。
自宅付近でひったくりに遭う。
TBS「筑紫哲也NEWS23」に出演。バブルを語る。
  4月BSフジ「辰巳ワイナリー」にゲスト出演。
  5月『秋の森の奇跡』(小学館)発行。中国杭州の旅へ行く。
  6月「週刊朝日」6月9日号から対談「マリコのゲストコレクション」連載開始。
  7月『本朝 金瓶梅』(文藝春秋)発行。
  9月『美女は何でも知っている』(マガジンハウス)発行。
  11月30日発売「週刊文春」にてエッセイ連載1000回を迎える。
同日コンラッド東京浜離宮の間にて「週刊文春連載1000回記念お祝いの会」を開催。読者50人招待。
2007(平成19)53歳1月長野・戸隠へ新年開運ツアーへ。
『私のスフレ』(マガジンハウス)発行。
  2月エンジン01のイベントCMでセーラー服を着る。
  3月『なわとび千夜一夜』(文藝春秋)発行。
  5月『グラビアの夜』(集英社)発行。
  6月『拝啓 愛しき人へ』(マガジンハウス)発行。
  7月『「綺麗な人」と言われるようになったのは、四十歳を過ぎてからでした』(光文社)発行。
  8月断食道場へ。宮崎へスピリチュアルツアーへ。
  9月フジテレビ「ボクらの時代」に田中宥久子、黒柳徹子らと出演し、恋愛観、人生観を語る。
  10月「an・an」連載500回記念で読者3名とタイ・スペシャルツアーへ。
『はじめての文学 林真理子』(文藝春秋)発行。
NHK「英語でしゃべらナイト」に出演。
  11月「an・an 美女入門」連載500回。
『本朝 金瓶梅 お伊勢編』(文藝春秋)発行。
『美か、さもかくば死を』(マガジンハウス)発行。
  12月フジテレビ「SMAP×SMAP」に2度目のゲスト出演。「ビストロ・スマップ」で幻の魚・クエの料理をオーダー。
『超恋愛』(マガジンハウス)発行。
2008(平成20)54歳1月『生き方名言新書1 林真理子』(小学館)発行。
  3月『美貌と処世』(文藝春秋)発行。友情出演した和田秀樹監督「受験のシンデレラ」公開。
  5月『RURIKO』(角川書店)発行。
  6月『秘密 Hayashi Mariko Collection<1>』(ポプラ社)発行。
  8月『もっと、塩味を』(中央公論新社)発行。
  9月SMAPのライブを関係者席で観る。終了後メンバーと記念撮影。
  10月映画「P.S.アイラヴユー」公開。
『誰も教えてくれなかった「源氏物語」本当の面白さ』(小学館)発行。
『綺麗な生活』(マガジンハウス)発行。
  12月『マリコ・レシピ』(マガジンハウス)発行。
『東京Hayashi Mariko Collection<2>』(ポプラ社)発行。
2009(平成21)55歳2月トイプードルのマリーちゃんが家族に加わる。
ブログを中心とした公式サイト「林真理子のあれもこれも日記」開始。
  3月毎日新聞朝刊で小説「下流の宴」連載開始。
スープダイエットを敢行。
  4月取材のため南大東島へ。
NHK「@キャンパス~日本大学芸術学部」にゲスト出演
『最初のオトコはたたき台』(文藝春秋)刊行
『美は惜しみなく奪う』(マガジンハウス)刊行
  6月最後のダイエットを決意。血液検査のためクリニックへ。
エンジン01のオープンカレッジのCMとポスター撮影で、坂本龍馬の妻おりょうに扮する。
シカゴへ講演旅行。
「Precious」7月号と8月号に短編小説「飾らなかった指輪」掲載。
  7月「私のこと、好きだった?」連載終了にともない、「STORY」8月号よりエッセイ「出好き、ネコ好き、私好き」の連載再開。
  8月三枝成彰さん主催のオペラツアーでイタリアへ。
『嫉妬』 Hayashi Mariko Collection<4>(ポプラ社)刊行
2ヶ月で−12kgのダイエットに成功
  9月日本映画専門チャンネル「メモリーズ-我が心の日本映画」出演
  10月「プードルスタイルvol.3」でマリーちゃんと一緒にグラビア掲載。
  11月活字文化特別セミナーで『源氏物語』について講演。
ミュージカル『海とおりょうとピストヲル~龍馬は水平線の向こうに何を見ていたのか」おりょう役を熱演する。
  12月『約束』 Hayashi Mariko Collection<5>(ポプラ社)刊行
『ポプラ文庫 林真理子コレクションコンプリートボックス(全5巻)』(ポプラ社)刊行
『私のこと、好きだった?』(小学館)刊行
◆参考 『編集会議』2002年2月号「林真理子全一巻」(宣伝会議)、『anan』美女入門(マガジンハウス)ほか


<< 林真理子プロフィール 林真理子年譜◆46歳~50歳 >>

新作情報

新作情報をもっと見る

林真理子のあれもこれも日記の携帯

携帯にメールを送る

林真理子のあれもこれも日記リンクバナー

林真理子ファンクラブサイト、メンバー募集中!

サークルに参加する
林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子