林真理子年譜◆46歳~50歳

2000(平成12)46歳 直木賞・毎日出版文化賞選考委員に就任。
ル・コルドン・ブルー日本校でフランス料理を習う。
  1月『みんな誰かの愛しい女』(文藝春秋)発行。
「週刊朝日」1月7日号から対談「マリコのここまで聞いていいのかな」連載開始。(~2006年6月2日号)。
  3月『死ぬほど好き』(集英社)発行。
  4月『花探し』(新潮社)、『東京小説』(紀伊國屋書店)発行。
  7月『美女入門PART2』(マガジンハウス)発行。
  9月ニューヨークのジャパンソサエティで講演。
  11月日本テレビ「おしゃれカンケイ」にゲスト出演。『ミスキャスト』(講談社)発行。フランス・パリ日本文化会館で講演。
  12月日本ベストドレッサー賞(40代)受賞。
「六本木男声合唱団」(団長・三枝成彰)のクリスマスディナーショーの前座歌手をつとめる。
2001(平成13)47歳 婦人公論文芸賞選考委員就任。
  1月フランス食品振興会よりシュバリエの称号を授与される。
中国・北京に三大テノール公演を聴きに行く。
「六本木男声合唱団」の宮城県白石市でのコンサートで前座歌手をつとめる。
  2月『男と女のことは、何があっても不思議はない』(PHP研究所)発行。
東京・新橋で芸者に扮し、座敷に出る。
  3月『ドラマティックなひと波乱』(文藝春秋)発行。
  5月映画「東京マリーゴールド」(監督・市川準、主演・田中麗奈)公開。
原作は『東京小説』所収の「一年の後」。
  6月フジテレビ「SMAP×SMAP」にゲスト出演。「ビストロ・スマップ」で鶏料理をオーダー。
  9月『美女入門PART3』(マガジンハウス)発行。   
  10月フランス観光大使に任命される(パリ旅行計画をたてるが9.11テロの影響で延期に)。
2002(平成14)48歳2月『シェフのキッチンへようこそ』(文化出版局)発行。『紅一点主義』(文藝春秋)発行。
  5月『初夜』(文藝春秋)発行。
  6月日韓ワールドカップを観戦。生ベッカムにうっとり。『花』(中央公論新社)発行。
  7月NHK「ETV2002」に出演、藤田宜永と現代の中高年の恋を考える対談。
  8月18年ぶりにハワイでバカンス。『日本のこころ(花の巻)-私の好きな人-』(講談社)発行。
  9月角川文庫リニューアル記念イベント「林真理子さんとティーパーティー」をフォーシーズンズホテルで開催。読者10名招待。
  10月『20代に読みたい名作』(文藝春秋)発行。
  11月『聖家族のランチ』(角川書店)発行。
2003(平成15)49歳1月『年下の女友だち』(集英社)発行。
  2月マリコ絵が、ミキモト100周年の記念宝石に。
  3月『旅路のはてまで男と女』(文藝春秋)発行。
  4月『東京小説』(角川書店)発行。
  5月『マリコの食卓』(ぺんぎん書房)発行。
  6月『コスメティック』がドラマ化。
  9月『本を読む女』が「夢みる葡萄」としてドラマ化。
『トーキョー偏差値』(マガジンハウス)発行。
  11月『anego』(小学館)発行。
2004(平成16)50歳2月小学館「Precious」のイメージキャラクターになる。
『ミルキー』(講談社)発行。
  3月『野ばら』(文藝春秋)発行。
  7月『P.S.アイラヴユー』(小学館)発行。
『恋愛三賢人~林真理子編~』(インデックス・コミュニケーションズ)発行。
  8月三枝成彰氏と8日間の断食道場へ。
  10月海老蔵襲名公演のためパリへ行く。
  11月『知りたがりやの猫』(新潮社)発行。

◆参考 『編集会議』2002年2月号「林真理子全一巻」(宣伝会議)、『anan』美女入門(マガジンハウス)ほか


<< 林真理子年譜◆51歳~55歳 林真理子年譜◆41歳~45歳 >>

新作情報

新作情報をもっと見る

林真理子のあれもこれも日記の携帯

携帯にメールを送る

林真理子のあれもこれも日記リンクバナー

林真理子ファンクラブサイト、メンバー募集中!

サークルに参加する
林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子