林真理子年譜◆41歳~45歳

1995(平成7)41歳 朝日新人文学賞選考委員就任(2000年まで)。
  3月『猫の時間』(朝日新聞社)発行。
  6月コミックス『虹のナターシャ①』(画・大和和紀・講談社)発行。
  9月「週刊朝日」(朝日新聞社)9月8日号から対談「マリコの言わせてゴメン!」連載開始。(~1998年12月25日号)。
  10月『女文士』(新潮社)、コミックス『虹のナターシャ②』(画・大和和紀・講談社)発行。
『白蓮れんれん』で第8回柴田錬三郎賞受賞。
  11月「不機嫌な果実」連載のため、「週刊文春」11月16日号までで連載「今夜も思い出し笑い」を休載。「白蓮れんれん」舞台化(主演・佐久間良子)。
1996(平成8)42歳1月ドラマスペシャル「素晴らしき家族旅行」(フジテレビ・主演・田中美佐子)放映。
  2月『皆勤賞』(文藝春秋)、『東京デザート物語』(集英社)発行。
  3月『幸福御礼』(朝日新聞社)発行。
  4月コミックス『虹のナターシャ③』(画・大和和紀・講談社)発行。
  5月翻訳『マーガレット ラブ・ストーリー』(講談社)発行。
  6月『断崖、その冬の』(新潮社)発行。
『英訳版 葡萄が目にしみる』(講談社)発行。
「週刊文春」7月4日号より連載「今夜も思い出し笑い」再開。
  8月『胡桃の家 シガレットライフ』(新潮Pico文庫)発行。
コミックス『虹のナターシャ④』(画・大和和紀・講談社)発行。
テレビ朝日「徹子の部屋」にゲスト出演。
エイズ撲滅チャリティコンサートでプッチーニ作曲の「ラ・ボエーム」を披露。
  10月『不機嫌な果実』(文藝春秋)発行。
  12月「新しい歴史教科書をつくる会」の呼びかけ人となる。1997(平成9)43歳
  1月コミックス『虹のナターシャ⑤』(画・大和和紀・講談社)発行。
ニューヨーク旅行。メトロポリタン劇場でオペラ鑑賞。
  5月『強運な女になる』(中央公論社)発行。
  6月香港旅行。
  7月NHK連続テレビ小説「あぐり」にゲスト出演。
主人公あぐりの経理する美容室の客・女流作家の役。
  8月国立劇場で行われた日本舞踊・藤間流の藤彩会で名取・藤間藤毬として「京人形」を舞う。
  10月映画「不機嫌な果実」(主演・南果歩)公開。
連続ドラマ「不機嫌な果実」(TBS・主演・石田ゆり子)放映。
『女性作家シリーズ20』(角川書店)発行。
『着物をめぐる物語』(新潮社)発行。
「an・an」10月17日号からエッセイ「美女入門」連載開始。
  11月ぴあフィルムフェスティバル審査員をつとめる。
  12月『みんなの秘密』(講談社)発行。
1998(平成10)44歳 講談社エッセイ賞選考委員就任。
  1月『踊って歌って大合戦』(文藝春秋)発行。
  2月長野五輪でフィギュアスケート観戦。
  4月『みんなの秘密』で第32回吉川英治文学賞受賞。『葡萄物語』(角川書店)発行。
  5月モンゴル旅行。首都ウランバートルでオペラ鑑賞。
  10月『わかれの船』(光文社)発行。
「その年一番輝いていた女性」として第16回ダイヤモンド・パーソナリティ賞受賞。
1999(平成11)45歳 サントリーミステリー大賞選考委員就任。
吉川英治文学新人賞選考委員就任。
  2月『世紀末思い出し笑い』(文藝春秋)発行。長女出産。
  4月『コスメティック』(小学館)、『ロストワールド』(読売新聞社)発行。
  6月『美女入門』(マガジンハウス)発行。
  10月フランス・ベルサイユ宮殿で行われたヴーヴ・クリコ社ミレニアムパーティに出席。

◆参考 『編集会議』2002年2月号「林真理子全一巻」(宣伝会議)、『anan』美女入門(マガジンハウス)ほか


<< 林真理子年譜◆46歳~50歳 林真理子年譜◆36歳~40歳 >>

新作情報

新作情報をもっと見る

林真理子のあれもこれも日記の携帯

携帯にメールを送る

林真理子のあれもこれも日記リンクバナー

林真理子ファンクラブサイト、メンバー募集中!

サークルに参加する
林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子