林真理子年譜◆36歳~40歳

1990(平成2)36歳 らいらっく文学賞選考委員就任。
  3月婚約発表。
  4月「an・an」4月20日号からエッセイ「林真理子のウエディング日記」緊急連載開始(~1990年6月29日号)。
  5月18日神田・カトリック教会にて会社員・東郷順氏と挙式。
ホテルニューオータニ内のトゥールダルジャンで披露宴。
ドレスは森英恵氏デザイン、記念撮影は篠山紀信氏。
二次会は21日に赤坂プリンスホテル別館を借り切って開催。
  5月『本を読む女』(新潮社)、『美華(ミーハー)物語』(角川書店)発行。
  6月『ウフフのお話』(文藝春秋)発行。
「an・an」7月6日号からエッセイ「林真理子の人妻日記」連載開始(~1991年1月18日号)。
  9月『贅沢な恋愛』(角川書店)、『ミカドの淑女』(新潮社)発行。
1991(平成3)37歳 この年『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が韓国で翻訳出版される。
  1月『マリコ・ジャーナル』(角川書店)発行。春この頃、日本舞踊の稽古を始める。
  6月『悲しみがとまらない 恋愛ソング・ブック』(角川書店)、『そうだったのか…!』(文藝春秋)発行。
  8月『ウエディング日記』(角川書店)発行。
  9月ドラマスペシャル「葡萄が目にしみる」(フジテレビ・主演・戸田奈穂)放映。
1992(平成4)38歳1月『次に行く国、次にする恋』(角川書店)発行。
  4月『バルセロナの休日』(角川書店)発行。
第7回きもの優情(グレース)京都大賞受賞。
  5月『原宿日記』(朝日新聞社)発行。
  7月『おとなの事情』(文藝春秋)、『トーキョー国盗り物語』(集英社)発行。
スポーツニッポン新聞社バルセロナ支局長として五輪取材。
  8月『ドレスがいっぱい』(小学館)発行。
  9月『ワンス・ア・イヤー』(角川書店)発行。
  10月『男と女のキビ団子』(祥伝社)発行。
  11月(財)民族衣装文化普及協会より民族衣装文化功労者として表彰される。
  12月『着物の悦び』(光文社)発行。
1993(平成5)39歳3月日本ホラー小説大賞選考委員就任。
素人劇団「樹座」(座長・遠藤周作)の公演
  4月「オーケストラの少女」(演出・名取裕子)に出演。役柄は劇中劇のカルメン。『贅沢な失恋』(角川書店)発行。
  8月連続ドラマ「トーキョー国盗り物語」(NHK・主演・沢口靖子)放映。
『嫌いじゃないの』(文藝春秋)発行。
日動キュリオ(銀座)にて「林真理子展」開催。全著作、挿絵、生原稿のほか、愛用のドレス、バッグ、絵画コレクションなどを展示。
  9月国立劇場で行われた日本舞踊・藤間流の藤彩会で「藤娘」を舞う。
  12月『さくらさくら−おとなが恋して−』(講談社)発行。
1994(平成6)40歳 小説新潮長篇新人賞選考委員就任。
  1月『文学少女』(文藝春秋)発行。
  3月テレビドラマスペシャル「ミカドの淑女」(テレビ朝日・主演・十朱幸代)放映。『天鵞絨物語』(光文社)発行。
  7月『贅沢な恋人たち』(幻冬舎)、『ピンクのチョコレート』(幻冬舎)発行。
  8月エイズ撲滅チャリティコンサートで「カルメン」の「ハバネラの唄」を披露。
  9月『怪談 男と女の物語はいつも怖い』(文藝春秋)発行。
  10月『白蓮れんれん』(中央公論社)、『林真理子のおしゃべりフライト』(プレジデント社)発行。
  11月日本舞踊藤間流名取・藤間藤毬となる。『素晴らしき家族旅行』(毎日新聞社)、『そう悪くない』(文藝春秋)発行。
「週刊文春」「今夜も思い出し笑い」連載500回を記念して読者100人と故郷・山梨訪問

◆参考 『編集会議』2002年2月号「林真理子全一巻」(宣伝会議)、『anan』美女入門(マガジンハウス)ほか


<< 林真理子年譜◆41歳~45歳 林真理子年譜◆31歳~35歳 >>

新作情報

新作情報をもっと見る

林真理子のあれもこれも日記の携帯

携帯にメールを送る

林真理子のあれもこれも日記リンクバナー

林真理子ファンクラブサイト、メンバー募集中!

サークルに参加する
林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子 林真理子